老老介護とは?65歳以上の方が自分の親を在宅介護するリスクとその対策

▼ 老老介護とは

「老人が老人を介護する」という意味で老老介護という言葉があります。

具体的には65歳以上の方が自分の親や配偶者を介護する事を指します。

 

高齢社会と言われる日本の背景を踏まえながら、老老介護についてご紹介します。

▼ 老老介護になった背景は核家族化

サザエさんのように子供、親、親の親が一緒に暮らす事がなくなっている事が背景の一つです。

 

子供は成人して家庭を持ったり都内で一人暮らしをしていて、親の親が介護を必要とした時、介護のために引っ越しや仕事を辞める事が難しい状況にあります。

▼ 老老介護のリスク

お互いが65歳以上のため、介護する側が倒れると共倒れになる

2013(平成25)年に厚生労働省が行った国民生活基礎調査では、在宅介護している世帯の半数以上に当たる51.2パーセントが老老介護という結果が出ています。

 

老人ホームなどを利用していない点、田舎に暮らしている点から、介護をする側が怪我をしたり病気をすると介護ができない状態になります。

介護をされていた側、介護をしていた側両者を介護する人は誰になるのでしょうか。

子供は遠いところに住んでいて、毎日介護ができない

仮に介護する側、される側が共倒れしてしまうとします。

その時外部のサービスを利用しないとなると、自分の子供に頼ることになります。

しかし子供は遠いところに住んでいて勤めているとなると、日常の介護がどうしてもできなくなります。

子供に仕事を辞めてきてもらっても働き口がなく、収入がない

では次の手として、子供に仕事を辞めてもらって、同居しながら介護をしてもらうとします。

すると収入が0になりますので、2人を養っていく十分な資金がなくなってしまいます。

 

退職金や保険などから一時的には収入がありますが、仮に両親が65歳だとしたら、あと何年2人分のお金が必要になるのでしょうか。

ただ毎日介護と向き合い、精神的な苦痛から虐待に発展してしまう

上記のようなケースですと、社会の接点が減る事で精神的なダメージが大きく、そのストレスが介護されている方に矛先が向くという事があります。

 

こうなってしまっては当初の介護をするという目的から大きく外れてしまい、本末転倒です。

 

ではこのような悩みはどのような方法で解決したら良いのでしょうか。

 

1番メジャーな方法としては老人ホームに入るという方法です。

その施設で暮らすことになりますので、入居に当たっての初期費用、月額費用を支払って面倒を見てもらいます。

▼ 老人ホームのメリット

日常生活のほとんどに介護を必要とする方向き

生活全般を全てスタッフにお任せできるので、日常生活のほとんどに介護を必要とする方のご家族の負担が減る事です。

 

適度な距離感を保つことで、お互い気持ちの余裕を持って接する事ができます。

介護に必要な施設が整っている

自力でお風呂に入る事が難しい方には、広さがある浴室が必要です。

 

また浴槽の段差も介護される方にとってはかなりの高さです。

転倒のリスクがありますので、銭湯のように浴槽が地面より低い位置に設置されている環境が好ましいと言えます。

 

自宅のリフォーム費用を考えると、老人ホームにお任せする方が負担が少ない点もメリットです。

介護のプロにお世話してもらえる

介護によってストレスが溜まるのは、介護する側だけではありません。

 

介護される側も「こうしてほしいけどお願いするのは気がひける」と遠慮してしまい、そのストレスが溜まっていきます。

 

すると、感謝の気持ちと自分の気持ちを伝えられないもどかしさから、心を閉ざしてしまったり介護する側に当たってしまう事があります。

 

この気持ちを分かってあげないと「どうして介護してあげてるのにこんな態度を取られなくてはいけないんだ」と嫌な気持ちになります。

 

そんな時は老人ホームのような外部のサービスをうまく活用する事で解決するケースが多いようです。

▼ 費用面だけで在宅介護と決めず、両者が少しでもストレスなく生活できる事も基準に判断しましょう。

在宅介護は外部のサービスと比較して、費用がかからない点がメリットと言えます。

また田舎でよくあるお話ですが、お世話になった方だから施設に預けると、親族から見た時に邪魔者扱いしているように見られてしまうという事もあるようです。

 

もちろんその場合は親族への説明を事前にするなどら状況に応じての判断をしてください。

 

 

今回は老老介護の説明と、在宅介護と外部のサービスを利用した時のメリットデメリットをご紹介しました。

 

次回は介護サービスについてさらに詳しくご紹介します。