脳性麻痺や脳梗塞後遺症で歩行困難・寝たきりの方へ訪問マッサージ制度の紹介

▼ 脳性麻痺や脳梗塞後遺症で寝たきりで病院や整体にいけない方へのサービス

国家資格を持った施術師(マッサージ師)がご自宅まで訪問し、医療マッサージを施すサービスのことを訪問マッサージと呼びます
介護を必要とするご家族が下記のような症状で寝たきり・通院が困難な場合はこのサービスを受けることができます。
・脳性麻痺
・頸椎損傷
・脊柱管狭窄症
・脳梗塞後遺症
・脳出血後遺症
・多発性脳梗塞
・バージャー病
・多発性筋炎
・骨粗鬆症
・変形性腰椎症
・変形性膝関節症
・全身廃用症候群
・筋ジストロフィー
・変形性頸椎症
・大腿骨骨折後遺症
・閉塞性動脈硬化症
・パーキンソン病
・慢性関節リュウマチ
・腰椎椎間板ヘルニア
・神経原生筋委縮症
・筋委縮性側索硬化症
・筋委縮性側索硬化症
・アルツハイマー型認知症
・前頭側頭型認知症

上記症状は一部です。また、訪問マッサージを受けてもあまり効果の期待できない症状もあるようですので、お近くの訪問マッサージを行っている整体に確認してみましょう。

▼ 介護保険枠ではなく公的医療保険(健康保険)が適用できるので、健康保険の自己負担割合のみ

訪問マッサージの良いところは、健康保険の適応ができるので、自己負担額が少なく導入できる点です。
整体では交通事故などの急性のものについては保険が適応できますが、基本的には自費での施術がメインとなります。
介護を必要としているご家庭では何かと出費がかさみますので、健康保険が適応できる点はポイントが高いのではないでしょうか。
施術料金と往療費の合計から健康保険の負担となります。

▼ 訪問マッサージを受けるために必要な条件

健康保険の適用には、医師の同意が必要

訪問マッサージの制度は治療院にすぐ申し込めるかというと、そうではありません。
先述した通り、健康保険の適応は医師の同意が必要となります。

訪問する治療院から半径16キロ以内に自宅がないとエリア対象外

ただし訪問マッサージを受けるには、訪問マッサージを行っている治療院が、自宅から半径16キロ以内にないと受けうることができません。
「整体はコンビニの数より多い」と言われていますが、田舎になればなるほどエリア内に治療院がなく、制度が利用できないというケースがあります。

▼ どのような順番で訪問マッサージを利用したら良い?

病院や治療院と訪問マッサージを受けるまでに申請するところがありますが、まず訪問マッサージを検討している際は以下の順番でサービスを利用しましょう。

①半径16キロ以内にある治療院を探す

まずこの制度が利用できるかできないかを大きく分けるのがこの条件です。
ご自宅から半径16キロ以内にある治療院を探しましょう。
グーグルマップなどを使って現在地から目的地までの距離を測ることも可能です。

②治療院が医師の同意書を取得代行してくれるかどうか確認

治療院によっては医師の同意書を取得代行してくれるところもあります。①の中で何店舗かヒットした場合、同意書の確認をしてみましょう。
申請書類を作るにあたって必要となりますので、事前にお薬手帳や服用説明書、各種保険証をすぐ出せるように用意しましょう。

③施術開始

実際に施術開始です。どの治療院も約20分程度で、ご自宅のスペースで施術を行います。
ベッドでも敷布団でもどちらでも対応してくれますが、利用者の横に1人分以上のスペースが確保できるようにしておきましょう。
次回は要介護2~3の方がケガなどで入院した後のサポートサービスについてご紹介します。