介護の仕事に就くために取得が必要な資格は?向いている人は?

介護の仕事に就くために取得が必要な資格は?向いている人は?

超高齢社会となった今、以前に比べてますます介護職が重宝されています。
しかし、介護職というと「肉体的にきつい仕事が多そう」であったり「人間関係で苦労しそう」といったマイナスイメージを根強く残っています。
しかし、介護職と一言で言っても様々な仕事内容があります。
取得する資格によってもデスクワークが多かったり人と関わることが多かったりと全く違う働き方をする場合もあります。
今回は取得する資格に応じた仕事内容や向いている人などに焦点を当てて介護職資格をご紹介します。

介護職員初任者研修

以前は「ホームヘルパー2級」という名称だった資格です。
2013(平成25)年に「介護職員初任者研修」という名称に変更になりました。

介護職員初任者研修の資格の特徴

介護職について最低限の知識・技術・考え方を身に付け、基本的な介護業務を習得できる資格です。
介護未経験者でも介護のことを基礎から学べ、キャリアアップを目指すことができるというメリットがあります。

介護職員初任者研修の仕事内容が向いている人

・介護職に興味があるけど今まで介護職を経験したことがない人
・介護職でキャリアアップしていきたい人
・デスクワークよりも介護の現場で人と直接関わっていきたい人

介護職員実務者研修

「介護職員実務者研修」とは、介護職員初任者研修の内容を十分に理解し、介護の基本的な知識と技術を身に付け、さらに実践的な知識と技術を習得するための資格です。
講義や演習の内容は、介護職員初任者研修よりも範囲が広くより専門的です。

介護職員実務者研修の資格の特徴

介護職員初任者研修のステップアップした資格ですが、必ずしも介護職員初任者研修の資格を取得しておかなければならないというわけではありません。
受講には特に必要な資格はないのです。
ただしホームヘルパーや介護職員基礎研修、初任者研修といった資格の取得者は、受講科目の一部を免除できる制度があります。(免除できる科目は持っている資格によって異なります。)
試験を突破する自信のある人であればいきなり介護職員実務者研修の資格を取得することも可能なのです。

 

介護職員実務者研修の仕事内容が向いている人

・介護職でキャリアアップしていきたい人
・デスクワークよりも介護の現場で人と直接関わっていきたい人
・介護職員初任者研修の仕事内容をより深く理解したい人
・重度の被介護者を自宅で介護したい人

介護福祉士

介護職のキャリアアップの最終形態です。
介護福祉士は介護業界唯一の国家資格です。
社会福祉士・精神保健福祉士と並ぶ「福祉の三大国家資格」といわれています。

介護福祉士の資格の特徴

介護福祉士の主な仕事内容は、介護を必要とする人に対する身体介護や生活援助です。現場で働く介護職の中でも、より専門的な能力を有する資格者として位置づけられています。
国家資格なので、国家試験に合格しなければならないのですが、その他に専門学校・短期大学・大学など、指定された学校または養成施設を卒業し、介護福祉士資格を登録することで取得することも可能です。
受験資格については「介護職員実務者研修」や「介護職員初任者研修」と異なり、国家資格であることから条件が定められています。
受験資格は「介護業務に3年以上従事していて、介護職員実務者研修の受講が修了している」または「福祉系高校にて定められた科目・単位を取得し卒業すること」のどちらかです。
介護福祉士は、被介護者の生活全般を理解する事が求められます。
そのため介護に関する知識や技術だけでなく適切な判断力と行動力さらに良い人間関係を築くためのコミュニケーション能力を備えることが求められます。

介護福祉士のキャリアアップ

介護福祉士は介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士というキャリアパスがあります。
しかし今後は介護福祉士のステップアップ資格として「認定介護福祉士(仮)」、「管理介護福祉士(仮)」の創設が検討されているようです。
この資格ができることによってキャリアアップを見据えて働きやすく、将来の見通しをもって働けるように整備されつつあります。

介護福祉士の仕事内容が向いている人

・介護職でキャリアアップしていきたい人
・デスクワークよりも介護の現場で人と直接関わっていきたい人
・護職員実務者研修の仕事内容をより深く理解し、円滑な人間関係を築きたい人
・重度の介護者を自宅で介護したい人
・被介護者の気持ちに寄り添った介護をしたい人

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは昨今人気の介護職の一つとなってきました。
あまり一般的には知られていませんが、ケアマネジャーの正式名称は「介護支援専門員」といいます。
2000(平成12)年に介護保険制度が導入された際に始まった公的な資格です。

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格の特徴

上記で紹介した「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」「介護福祉士」の3つとは異なり、介護業務そのものを行うわけではありません。
適切に介護サービスを使えるように、介護が必要な人をサポートすることが主な仕事内容です。
例えば、介護サービスの利用者やその家族と面談してケアプランを作成・修正したり、施設や業者との調整を行ったりします。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容が向いている人

・事務作業やライフプランを考えるのが好きな人
仕事と家庭のワークライフバランスを安定させた働き方をしたい人
・体と使う仕事よりも頭を使った仕事が好きな人

介護事務

その他、上記でご紹介したよく知られている資格の他により事務作業に特化した職種もあります。
ケアマネジャーのサポートを主に行う「介護事務」という資格もあります。
介護事務は、介護報酬請求業務(レセプト作成)などを介護事業所で行う事務スキルです。
実務はデスクワーク中心なので体力的な負担も少なく、年齢にかかわらず長く安定して働けるのも魅力。家事や育児と両立しながら働きたい女性にぴったりの仕事です。

まとめ

このように一言で「介護職」と言っても仕事内容も向き不向きも様々です。
自分の性格やライフワークに合わせて長く続けられる資格を取得し、是非介護の世界に飛び込んできてください。
楽しいこと、勉強になる事、たくさんのキラキラした毎日があなたを待っています。