自宅介護ではなくデイサービスを利用するメリット

▼在宅介護で困っていることはありませんか?

できれば家族を自宅で介護してあげたいという方は少なくないと思います。

しかし自宅で介護やリハビリをしようとしても本人が嫌がってやってくれないなど在宅介護で困っていることはないでしょうか?

覚悟して在宅介護をはじめたとしても、その辛さは想像を超えてしまうこともあります。

そこで今回は介護を自宅ではなくデイサービスに任せるメリットについてご紹介致します。

▼自宅介護ではなくデイサービスを利用するメリット

介護を行う介護者の負担を減らせる

 

在宅で介護を行う場合、仕事をしている場合には日中は仕事に行かなければならないので自宅にいる家族のことが心配で仕事に集中できないということがあるかもしれません。

また、大切な家族であったとしても24時間ずっと付きっきりで介護をし続けることで心身ともに疲弊してしまうということもあります。

そんな時にデイサービスを利用することで、介護者の方の心身の負担を軽減することができます。

デイサービスを利用している間自分の為に時間を使ったり、買い物をしたり趣味を楽しんだりと、気分転換をはかることができるようになるのです。

 

デイサービスを利用することで友達が増えたり、新たな生きがいを見つけることができる

 

在宅介護ですと体が思うように動かなかったり、誰とも会わない生活で生きがいを失い、認知症が進行してしまったり、体を動かす機会も少なくなってしまうので

寝たきり状態になってしまうことも考えられます。

しかし、デイサービスを利用することで新しい出会いに恵まれ、友人が増えたり新しい趣味に目覚めるということもあります。

また、デイサービスでは体を動かす訓練を行いますので、身体能力の衰えを防ぐことにも繋がるのです。

 

事業所ごとに異なるサービスを受けることができる

 

デイサービスと一言で言っても事業所によって様々な特徴があります。

リハビリをメインとしたデイサービスもありますし、趣味をメインに楽しむデイサービスなどデイサービスごとに特徴は千差万別です。

目的に応じてデイサービスを使い分けることで家族の負担を減らしたり、生き生きと過ごすことができるようになります。

 

▼デイサービスを実際に利用している人の声

私の場合、祖父が入院した時に介護認定を受けて退院後すぐにデイサービスを利用するようになりました。

家にいる時は寝てばかりいたのですが、ホームでは絵を書いたり字を書いたり、歌を歌ったりと毎回嫌がらずにホームに出かけて行きます。

在宅で介護をしていた時と比べて表情も明るくなりましたし、家族の負担も減り、それぞれ自分の時間を過ごせるようになりました。

▼デイサービスに通うことで自宅にリハビリグッズを置く必要がなくなる

在宅介護ですと自宅でリハビリ用の介護用品を使用することもあるかもしれません。

リハビリ用の介護用品は購入するにも費用がかかりますし、自宅に置く場所がないという声を聞くこともあります。

例えば立ち上がり用の補助椅子を購入する場合、費用の相場は4~5万ほどかかります。

また、電動の補助椅子を購入する場合には15万ほどかかります。

介護用品は在宅介護を楽にしてくれるものですし、必要に駆られて購入したとしても今度は置き場所に困ってしまうことになります。

そんな時にデイサービスに通うことで、無料でリハビリグッズを使用することができます。

また、必要な時だけレンタルすることもできますので、リハビリグッズの置き場所に困るということもありません。

▼デイサービスを賢く利用して介護を乗り切りましょう

このようにデイサービスには様々なメリットが存在します。

始めはデイサービスを利用するのに抵抗を感じるかもしれませんが、デイサービスを賢く利用することによって介護者だけでなく

介護を受ける側の家族もより自分らしく生き生きと過ごすことができるようになります。

在宅介護で疲弊してしまう前にデイサービスの利用を検討してみてはいかかでしょうか。